ごあいさつ

本年3月11日、この仙台で未曾有の大震災が起こり、たくさんの方々の尊い命が一瞬にして奪われました。

スタジオの関係者でも、大切な家族や友人を亡くされた方、生まれ育った住宅が津波で流され、すべての財産を失くされた方もおられます。

しかし、幸いにも当スタジオは、直接の被害はなく、ライフラインの再開直後から少しずつ通常のレッスンを始めることが出来ました。

日々、レッスン・振付けと真剣に励む生徒たちを見ておりますと、あの恐ろしい体験が別世界のように思える日々が戻ってきておりますが、

ひとたび先に目を向ければ、まだまだ復興にはほど遠く、再建に向けてやっと足を踏み出した地が見えます。しかし、このような時だからこそ、

生徒たちに目標を持って明るく頑張って欲しい、そして、たくさんの皆様に観ていただき少しでも元気付けることが出来たら、私たちができる

支援と考え開催を決めました。今日発表会の晴れの舞台を向かえられたのも、私を支えて下さいましたゲストの先生方、スタッフ、御父母の

皆様、ゆりかご幼稚園の先生方でした。そしてなによりうれしかったのは「えっ、今年は発表会ないと思っていた。やれるの!!」と目を輝かし

喜んでくれた生徒たちの声でした。皆様みは深く感謝しております。今年の発表会は、私にとっても生徒たちにとっても、これまでとは違う特別

に心に残る舞台になることと思います。本日、お忙しい年末にご来場頂いた皆様にとりましても、心に残る素敵なクリスマスプレゼントになりま

すように祈りを込めて。

 

まりなバレエスタジオ フェ・エ・リ
小山 真利奈